QuickMLの使い方

qwikWebは、メンバー管理の方法としてQuickMLのメンバー管理の仕組み をそのまま使用しています。そのため、メーリングリストの作成が、そのまま Wikiサイトの作成となり、メーリングリストのメンバーの追加・削除が、その ままWikiサイトの読み書きのできるメンバーの追加・削除となっています。

新規作成

新しく、test@qwik.jpというメーリングリストを作りたいとします。 あなたのメールアドレスがa@example.comだとします。

To: test@qwik.jp
From: a@example.com
Subject: 作ります。
--
作ります。

このように、test@qwik.jpというアドレスに任意のメールを送ってください。 そうすると、新規作成の確認メールが送られてきます。その中には利用規約への リンクがあり、承認をする場合は返信してください。そうすると、新規メーリ ングリストが作成されます。同時にWikiサイトも作られます。 (test@qwik.jpというアドレスは、テスト用に確保しているアカウントのため、 この名前のメーリングリストが作られた場合は、自動的に削除されるようになっ ています。)

メーリングリストに送られてきたメールの一番下にはこのようなフッターが ついてきます。

-- 
qwik-> http://qwik.jp/test/  ML-> test@qwik.jp

この「qwik->」の右にあるのが、対応するWikiサイトへのリンクとなっています。

メンバー追加

Bさん <b@example.com> をメンバーとして追加してみます。

To: test@qwik.jp
Cc: b@example.com
From: a@example.com
Subject: Bさんを追加
--
Bさんを追加します。

こうすると、Bさんがメーリングリストに追加され、同時にBさんもWikiに アクセスできるようになります。

メンバー削除

AさんがBさんをメンバーから削除するとします。

To: test@qwik.jp
Cc: b@example.com
From: a@example.com
Subject: Bさんを削除
--

ポイントは、本文に何も書かないこと。そうすると、Bさんを削除するという 意味になります。そして、Bさんには、Aさんのリクエストによりメーリングリ ストから削除されたという通知が送られます。

その他

その他のより進んだ使い方は、現在のところは QuickML のホームページをごらん下さい。

QuickML.comとの違い

QuickML.comのサービスは、現在メーリングリストの登録数が10人までとなっておりますが、qwik.jpでのサービスは100人までとなっています。(2004年6月現在。変更はありえます。)

Last modified: 2014-06-11 Attached files total: 1KB