Contents
  1. debファイルを使ってインストールする方法
    1. installする
  2. Subversionから持ってきたファイルをdebパッケージにして使う方法
    1. Subversionからのexportとdebの作成
    2. インストール
  3. Subversionから持ってきたファイルをそのまま使う方法
    1. Rubyのinstall
    2. qwikWebのinstall
    3. QuickMLの立ち上げ
    4. Apache2のinstall
      1. Proxyの設定
    5. VirtualHostの設定
      1. VirtualHostの設定の確認
    6. Postfixのinstall
      1. /etc/postfix/main.cf の設定
      2. /etc/postfix/transport を作成
      3. transport.dbを生成

DebianにqwikWebをインストールする方法

DebianにqwikWebをインストールするには、二つの方法があります。

  1. debファイルを使う方法
  2. Subversionから持ってきたファイルをそのまま使う方法

debファイルを使ってインストールする方法

etchからはDebianの本家にパッケージが入りましたので、通常のパッケージインストール手順以外は必要なくなりました。

installする

# aptitude install qwik

これでインストールされます。

Subversionから持ってきたファイルをdebパッケージにして使う方法

Subversionからのexportとdebの作成

% svn export svn://rubyforge.org//var/svn/qwik/qwik
% cd qwik
% debuild
% cd ..

インストール

# dpkg -i qwik*.deb

Subversionから持ってきたファイルをそのまま使う方法

Rubyのinstall

# apt-get install libopenssl-ruby ruby-elisp libgd-ruby1.8

qwikWebのinstall

% cd
% svn checkout svn://rubyforge.org//var/svn/qwik/qwik
% cd qwik
% make debug
mail
guest@qwik
pass
80245996

というアカウントを使い,ログインしてみる. ここまでで,qwikWebのWiki部分は使えるようになった.

QuickMLの立ち上げ

% make mldebug

このようにするとQuickMLが立ち上がる. 適切な動作テストが難しいが,下記のようにしてみる.

% telnet 127.0.0.1 9195
HELO localhost
MAIL FROM:yourmail@yourdomain.com
RCPT TO:www@qwik.jp
DATA
To: www@qwik.jp
From: yourmail@yourdomain.com
Subject: test

test desu.
.
QUIT

このようにすると,正しく設定できていれば,

yourmail@yourdomain.com

にエラーメールが届く.

Apache2のinstall

Apache2を,リバースプロキシとして使う.

# apt-get install apache2
# rehash
# vi /etc/default/apache2
NO_START=0

起動させるために編集する.

Proxyの設定

# cd /etc/apache2/mods-available 
# cp proxy.conf proxy.conf.org
# vi proxy.conf →下記のように書き換える
# diff proxy.conf.org proxy.conf
9,10c9,10
<               Order deny,allow
<               Deny from all
---
>                Order allow,deny
>               Allow from all
# a2enmod proxy
# ls -l ../mods-enabled/proxy.* →確認する

VirtualHostの設定

# vi /etc/apache2/sites-available/default
# cp default default.org
# vi default

→こうなるように書き換える

NameVirtualHost *
<VirtualHost *>
        ServerAdmin webmaster@eto.com
        DocumentRoot /var/www/
        <Directory />
                Options FollowSymLinks
                AllowOverride None
        </Directory>
        <Directory /var/www/>
                Options Indexes FollowSymLinks MultiViews
                AllowOverride None
                Order allow,deny
                allow from all
        </Directory>
    ProxyPass   /       http://127.0.0.1:9190/
</VirtualHost>

VirtualHostの設定の確認

# /usr/sbin/apache2 -S または
# /usr/sbin/apache2 -t -D DUMP_VHOSTS
VirtualHost configuration:
wildcard NameVirtualHosts and _default_ servers:
*:*                    is a NameVirtualHost
         default server 192.168.5.40 (/etc/apache2/sites-enabled/000-default:2)
         port * namevhost 192.168.5.40 (/etc/apache2/sites-enabled/000-default:2)
Syntax OK

→Syntax OKとでればOK

# /etc/init.d/apache2 restart

Postfixのinstall

ここでは,Postfixをリバースプロキシのように利用している.

# apt-get install postfix

/etc/postfix/main.cf の設定

myhostname = machinename.qwik.jp
myorigin = qwik.jp
mydomain = qwik.jp
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost
relay_domains = qwik.jp
relayhost = 
mynetworks = 127.0.0.0/8 210.99.99.99/19
mailbox_command = 
mailbox_size_limit = 0
home_mailbox = Maildir/
recipient_delimiter = +
inet_interfaces = all

transport_maps = hash:/etc/postfix/transport
smtpd_authorized_verp_clients = 127.0.0.1/8

/etc/postfix/transport を作成

qwik.jp		smtp:[127.0.0.1]:9195

transport.dbを生成

# postmap transport
# /etc/init.d/postfix restart
Last modified: 2007-06-05 Attached files total: 1MB