Contents
      1. /etc/postfix/main.cf の設定
      2. /etc/postfix/transport を作成
      3. transport.dbを生成、Postfixを再起動
    1. local_recipient_maps について
      1. /etc/postfix/main.cf の設定
      2. /etc/postfix/local_recipientを作成
      3. local_recipient.dbを生成、Postfixを再起動

Postfix下での利用

(以下の説明の前提となる環境についてはメーリングリスト管理システムの設定方法を参照してください)

各設定ファイルのパスは、 Linux上でパッケージ管理システムを用いてPostfixをインストールした場合に 一般的と考えられるものを例示しています。ご自分の環境に合わせて読みかえてください。

/etc/postfix/main.cf の設定

myhostname = example.jp
mydomain = example.jp
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, qwik.$mydomain
inet_interfaces = all
recipient_delimiter = +
local_recipient_maps =
transport_maps = hash:/etc/postfix/transport
smtpd_authorized_verp_clients = 127.0.0.1/8

/etc/postfix/transport を作成

qwik.example.jp		smtp:[127.0.0.1]:9195

transport.dbを生成、Postfixを再起動

# postmap /etc/postfix/transport
# /etc/init.d/postfix restart

local_recipient_maps について

main.cf で local_recipient_mapsに空値を設定すると、受信ユーザの存在確認が無効になります。 qwik.example.jp 以外のドメインでは受信ユーザの存在確認を有効にしたい場合、次のように設定します。

/etc/postfix/main.cf の設定

local_recipient_maps = proxy:unix:passwd.byname $alias_maps hash:/etc/postfix/local_recipient

/etc/postfix/local_recipientを作成

@qwik.example.jp    OK

local_recipient.dbを生成、Postfixを再起動

# postmap /etc/postfix/local_recipient
# /etc/init.d/postfix restart
Last modified: 2007-04-30 Attached files total: 1MB