Contents
  1. バージョン番号について
  2. ロードマップ
    1. 1.0.0リリース (2007/02)
    2. 1.0.*
    3. 1.1.0 ← いまここ
    4. 2.0
    5. 2.*

開発ロードマップ

バージョン番号について

バージョン番号をx.y.zとしたとき、以下のような意味を持ちます。

  • xが変わった場合には、Senna内部のアーキテクチャが大きく変わっています。API/インデックス形式に大きな変更が伴います。
  • yが奇数の場合は開発版、yが偶数の場合は安定版です。yが変わった場合、API/インデックス形式に変更が生じている場合があります。大きな機能の追加等が行われます。
  • zのみが変わった場合、API/インデックスの下位互換性は保たれます。バグフィックスが主な変更となります。小さな機能の追加も行われます。

ロードマップ

1.0.0リリース (2007/02)

1.0.*

  • 基本的なクエリセット(SennaQL)
  • 各種アプリケーションインタフェース(SennaStore)

1.1.0 ← いまここ

  • クエリセットの拡充(SennaQL)
  • 永続化可能なデータ型の拡充(SennaQL)
  • viewの実体化タイミングの明示的な制御(SennaQL)

2.0

  • 高速化(SennaStore)
  • 安定化(SennaStore)

2.*

  • トランザクションサポート
  • ACID特性サポート
Last modified: 2008-02-08