Contents
  1. 必要となるSennaのバージョン
  2. 不具合関連
    1. REPAIR TABLE t1 USE_FRMを実行するとUSING句情報が落ちる
    2. TRUNCATE TABLE t1を実行するとUSING句情報が落ちる
    3. CREATE TABLE t2 LIKE t1を実行するとUSING句情報が落ちる

制限事項

このページにはtritonnを使った場合の制限事項をまとめています。

必要となるSennaのバージョン

Tritonnのバージョンごとに、必要となるSennaのバージョンをまとめました。

Tritonnのバージョン必要となるSennaのバージョン
Tritonn 1.0.4Senna 1.0.5以上
Tritonn 1.0.3Senna 1.0.5以上
Tritonn 1.0.2Senna 1.0.4以上
Tritonn 1.0.1Senna 1.0.3以上
Tritonn 1.0.0Senna 1.0.2以上

不具合関連

REPAIR TABLE t1 USE_FRMを実行するとUSING句情報が落ちる

tritonn-1.0.2.mysql-5.0.37.senna-1.0.4にて。

制限事項

以下のようにテーブルを作った上で、USE_FRM付きのREPAIR TABLEを使用するとUSING句で指定した情報が落ちます。

mysql> CREATE TABLE t1 (c1 TEXT, FULLTEXT INDEX ft USING NGRAM, 1024) DEFAULT CHARSET = utf8;

mysql> REPAIR TABLE t1 USE_FRM;

mysql> SHOW SENNA STATUS\G
回避方法

ALTER TABLEあるいはDROP/CREATE INDEX構文を使ってインデックスを再定義して下さい。

TRUNCATE TABLE t1を実行するとUSING句情報が落ちる

tritonn-1.0.2.mysql-5.0.37.senna-1.0.4にて。

制限事項

以下のようにテーブルを作った上で、TRUNCATE TABLEを使用するとUSING句で指定した情報が落ちます。

mysql> CREATE TABLE t1 (c1 TEXT, FULLTEXT INDEX ft USING NGRAM, 1024) DEFAULT CHARSET = utf8;

mysql> TRUNCATE TABLE t1;

mysql> SHOW SENNA STATUS\G
回避方法

ALTER TABLEあるいはDROP/CREATE INDEX構文を使ってインデックスを再定義して下さい。

CREATE TABLE t2 LIKE t1を実行するとUSING句情報が落ちる

tritonn-1.0.2.mysql-5.0.37.senna-1.0.4にて。

制限事項

以下のようにテーブルを作った上で、CREATE TABLE LIKEを使用するとUSING句で指定した情報が落ちます。

mysql> CREATE TABLE t1 (c1 TEXT, FULLTEXT INDEX ft USING NGRAM, 1024) DEFAULT CHARSET = utf8;

mysql> CREATE TABLE t2 LIKE t1;

mysql> SHOW SENNA STATUS\G
回避方法

ALTER TABLEあるいはDROP/CREATE INDEX構文を使ってインデックスを再定義して下さい。

Last modified: 2009-03-23 Attached files total: 404KB