CHI'06勉強会のお知らせとHow to

May 15, 2006 From: qurihara@g...

五十嵐研の皆さん CC椎尾先生と辻田さん,UI若手会のみなさん

みなさんこんにちは.東大五十嵐研の栗原です.
来週の水曜日の18-21時に(遅くてすみません),東大理学部7号館236教室 でCHI'06勉強会を行います.趣旨は,学会でどのような研究発表があったかを網羅的に手短に理解することです.

従来は学会参加者がまとめて報告する形でしたが,超パラレルセッションに加え今年からテクニカルプログラムが4日間になったため,参加者自身も学会の全容を把握するのがますます困難になりました.そこで効率的に最新研究にcatch upするた
め,五十嵐研究室一丸となって全セッション・全論文を分担し報告する総当り方式にさせていただきます.

この勉強会では辻田さんも作業分担があり,報告していただきます.さらに,椎尾先生をはじめ椎尾研の皆さんも出席します.

UI若手会の皆さんで参加希望の方は,人数に上限はありますが受け入れられます(部屋の予約の都合上無制限と言うわけにはいきませんが)ので栗原までご一報ください.どこでもいいから泊まらせてくれという方もお知らせください.
なお,この日に予定していたUI若手会椎尾研見学ツアーは6月に延期されました.

当日は夜遅くなり,おなかがすきます.多少休憩は入れますが,食事はありませんので各自対策を講じてください.当然ながら,勉強会後に有志で軽くお酒を飲みに行く可能性は示唆されています.

      • ----以降は作業者用のHow to 情報です.ゲストは読まなくても結構です.

作業分担を添付のエクセルファイルのように割り振りました.1がついているセッションが,それぞれの方の担当です.基本的に学会参加者は実際に聞いたセッションを担当しますが,適度に皆さんに興味のありそうなものを分業させていただいております.中には自分の興味とあまり関係ないものもあると思いますが,ご了承ください(当事者同士で適度にトレードしていただいてもかまいません.).最近忙しい人はご一報ください.
セッション単位で割り振りしております.割り振り数は,基本的にシニアなほど多いです.

CG系の人とJoeには今回は割り当てておりません.当日を楽しみにお待ちください.

CHIの論文・ビデオのDVDは先日お知らせしました通り一時的に
\\panda\SharedDocs\archive\CHI2006DVD
においてあります.
index.htmのProceedingsのTable of Contentsに飛び,サイト内検索でセッション名を入れれば各セッションの論文へアクセスできます.

資料作成形式ですが,
約50セッションx約4論文=200論文,勉強会3時間=180分だと1論文1分程度です.ですからインタラクティブ発表の1分デモのようにさくさく進めます.よって論文を精読する必要はありませんし,凝った資料を作る必要もありません.論文タイトル,著者(所属),Short/Full Paper,画像,コメント箇条書き数行,論文やビデオへのリンクな
どを簡潔にまとめてください.
(添付のパワーポイントファイルを参考にしてください.)
デモビデオを再生する場合は,ポイントを絞って再生する場所をメモしておいてください.

様々な思惑から,資料の言語は英語に限定させていただきます.(アブストラクトからコピーしやすい?)しかし,当日の語りは日本語です.

それではみなさんよろしくお願いします.

      • -------<<<<<<

Kazutaka Qurihara

May 15, 2006 From: zono@i...

栗原さん

中園@筑波大です。

Kazutaka Qurihara wrote:

来週の水曜日の18-21時に(遅くてすみません),東大理学部7号館236教室 で CHI'06勉強会を行います.趣旨は,学会でどのような研究発表があったかを網羅 的に手短に理解することです.

UI若手会の皆さんで参加希望の方は,人数に上限はありますが受け入れられま す(部屋の予約の都合上無制限と言うわけにはいきませんが)ので栗原までご一 報ください.どこでもいいから泊まらせてくれという方もお知らせください.

24日(水)ですね。よろしければ参加させていただきたいです。
翌日は朝から予定が入っていますので、日帰りで参加したいと思います。

当日は夜遅くなり,おなかがすきます.多少休憩は入れますが,食事はありませ んので各自対策を講じてください.当然ながら,勉強会後に有志で軽くお酒を飲 みに行く可能性は示唆されています.

終了後の飲み会は参加できません…残念。
勉強会のみの参加となり、皆さんとどの程度交流できるか分かりませんが、
久しぶりにお会いできることを楽しみにしております。

よろしくお願いいたします。


Department of Computer Science, University of Tsukuba
Interactive Programming Laboratory (IPLAB)
中園 長新 (NAKAZONO Nagayoshi) zono@i...
http://www.iplab.cs.tsukuba.ac.jp/~zono/

May 15, 2006 From: codama@s...

栗原さん、皆さん

慶應の児玉です。
24日は参加させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

慶應から他にも数名参加する可能性があります。

      • -- Original Message -----

From: "NAKAZONO Nagayoshi" <zono@i...>
To: <userstudy@q...>
Sent: Monday, May 15, 2006 8:38 PM
Subject: [userstudy:51] Re: CHI'06勉強会のお知らせとHow to

栗原さん

中園@筑波大です。

Kazutaka Qurihara wrote:

来週の水曜日の18-21時に(遅くてすみません),東大理学部7号館236教室 で CHI'06勉強会を行います.趣旨は,学会でどのような研究発表があったかを網羅 的に手短に理解することです.

UI若手会の皆さんで参加希望の方は,人数に上限はありますが受け入れられま す(部屋の予約の都合上無制限と言うわけにはいきませんが)ので栗原までご一 報ください.どこでもいいから泊まらせてくれという方もお知らせください.

24日(水)ですね。よろしければ参加させていただきたいです。 翌日は朝から予定が入っていますので、日帰りで参加したいと思います。

当日は夜遅くなり,おなかがすきます.多少休憩は入れますが,食事はありませ んので各自対策を講じてください.当然ながら,勉強会後に有志で軽くお酒を飲 みに行く可能性は示唆されています.

終了後の飲み会は参加できません…残念。 勉強会のみの参加となり、皆さんとどの程度交流できるか分かりませんが、 久しぶりにお会いできることを楽しみにしております。

よろしくお願いいたします。

  • -

Department of Computer Science, University of Tsukuba Interactive Programming Laboratory (IPLAB) 中園 長新 (NAKAZONO Nagayoshi) zono@i... http://www.iplab.cs.tsukuba.ac.jp/~zono/

  • -

archive-> http://qwik.jp/userstudy/19.html ML-> userstudy@q...

May 15, 2006 From: tsucci@i...

栗原さん、若手会の皆さん

筑波大の土持です。
24日は参加させていただきたいと思います。
よろしくお願いします。

なお、終了後の飲みも参加したいと思います。
楽しみにしております。

Kazutaka Qurihara wrote:

五十嵐研の皆さん CC椎尾先生と辻田さん,UI若手会のみなさん

みなさんこんにちは.東大五十嵐研の栗原です. 来週の水曜日の18-21時に(遅くてすみません),東大理学部7号館236教室で CHI'06勉強会を行います.趣旨は,学会でどのような研究発表があったかを網 羅的に手短に理解することです.

従来は学会参加者がまとめて報告する形でしたが,超パラレルセッションに加 え今年からテクニカルプログラムが4日間になったため,参加者自身も学会の 全容を把握するのがますます困難になりました.そこで効率的に最新研究に catch upするた め,五十嵐研究室一丸となって全セッション・全論文を分担し報告する総当り 方式にさせていただきます.

この勉強会では辻田さんも作業分担があり,報告していただきます.さらに, 椎尾先生をはじめ椎尾研の皆さんも出席します.

UI若手会の皆さんで参加希望の方は,人数に上限はありますが受け入れられ ます(部屋の予約の都合上無制限と言うわけにはいきませんが)ので栗原まで ご一報ください.どこでもいいから泊まらせてくれという方もお知らせくださ い. なお,この日に予定していたUI若手会椎尾研見学ツアーは6月に延期されま した.

当日は夜遅くなり,おなかがすきます.多少休憩は入れますが,食事はありま せんので各自対策を講じてください.当然ながら,勉強会後に有志で軽くお酒 を飲みに行く可能性は示唆されています.

      • ----以降は作業者用のHow to 情報です.ゲストは読まなくても結構です.

作業分担を添付のエクセルファイルのように割り振りました.1がついている セッションが,それぞれの方の担当です.基本的に学会参加者は実際に聞いた セッションを担当しますが,適度に皆さんに興味のありそうなものを分業させ ていただいております.中には自分の興味とあまり関係ないものもあると思い ますが,ご了承ください(当事者同士で適度にトレードしていただいてもかま いません.).最近忙しい人はご一報ください. セッション単位で割り振りしております.割り振り数は,基本的にシニアなほ ど多いです.

CG系の人とJoeには今回は割り当てておりません.当日を楽しみにお待ちく ださい.

CHIの論文・ビデオのDVDは先日お知らせしました通り一時的に \\panda\SharedDocs\archive\CHI2006DVD においてあります. index.htmのProceedingsのTable of Contentsに飛び,サイト内検索でセッ ション名を入れれば各セッションの論文へアクセスできます.

資料作成形式ですが, 約50セッションx約4論文=200論文,勉強会3時間=180分だと1論文1 分程度です.ですからインタラクティブ発表の1分デモのようにさくさく進め ます.よって論文を精読する必要はありませんし,凝った資料を作る必要もあ りません.論文タイトル,著者(所属),Short/Full Paper,画像,コメント 箇条書き数行,論文やビデオへのリンクな どを簡潔にまとめてください. (添付のパワーポイントファイルを参考にしてください.) デモビデオを再生する場合は,ポイントを絞って再生する場所をメモしておい てください.

様々な思惑から,資料の言語は英語に限定させていただきます.(アブストラ クトからコピーしやすい?)しかし,当日の語りは日本語です.

それではみなさんよろしくお願いします.

      • -------<<<<<<

Kazutaka Qurihara



筑波大学大学院システム情報工学研究科
コンピュータサイエンス専攻1年
Interactive Programming LAB.
土持 幸久 (Yukihisa TSUCHIMOCHI)
tsucci@i...

May 17, 2006 From: qurihara@g...

みなさんにちょっとうれしいおしらせ.

皆さま

お茶の水女子大学の辻田です。 24日の勉強会ですが、 五十嵐先生、椎尾先生の配慮で簡単な軽食程度がでるそうです。 よろしくお願いします。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

BOSSのお財布を喰らい尽くせ!

      • -------<<<<<<

Kazutaka Qurihara

May 17, 2006 From: mihara1@i...

UI若手会の皆様,

ご無沙汰しております,NTTの美原です.

CHI勉強会はものすごく参加したいのですが,横須賀からは参加ができません.論文
数も増えたようで,このような会合に参加しないと,なかなか一人では追いきれな
いようですね.

今後,予定が合えば,是非参加したいと思っています.よろしくお願いします.

美原 義行

May 17, 2006 From: yuki0695@y...

五十嵐研の森です。
学会発表で福岡に来ています。

CHI'06勉強会では
久しぶりに皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

CHI勉強会はものすごく参加したいのですが,横須賀からは参加ができません.論文 数も増えたようで,このような会合に参加しないと,なかなか一人では追いきれな いようですね.

今回参加できない人用にも
発表スライド(まとめスライド?)などを
どっかにおいて閲覧可とかにすると良いのではないでしょうか?

ちなみに、就職先はNTT研究所に決まりました。
美原さん、来年以降もよろしくお願いします。

  • -

森 悠紀 (Yuki MORI)
東京大学大学院 情報理工学系研究科
コンピュータ科学専攻 五十嵐研究室
TEL:03-5841-4091 FAX:03-3818-4607
http://www-ui.is.s.u-tokyo.ac.jp/~yuki/
yuki@u...

May 17, 2006 From: kobayash@i...

皆様:

小林@五十嵐研究室です! こんばんは!
美原君も仲良く研究できているようで何よりです!

今回参加できない人用にも 発表スライド(まとめスライド?)などを どっかにおいて閲覧可とかにすると良いのではないでしょうか?

qwikWebにはファイル添付機能がありますから、
まとめ資料の公開場所としてhttp://qwik.jp/userstudy/を使えば
面倒がなくて良いのではないかと思いました。

#容量制限とかありましたっけ?

それでは来週、お会いしましょう。


KOBAYASHI Masatomo <kobayash@i...>
User Interface Research Group, Department of Computer Science,
Graduate School of Information Science and Technology, The University of Tokyo

Last modified: 2006-05-17 Attached files total: 1MB