yomoyomoのWikiばなし(2005.12)

第5回:WikiとWYSIWYG編集

 WikiにWYSIWYG編集機能を求める声は以前からあり,日本でも@wiki(http://atwiki.jp/)などWYSIWYG編集機能を提供するエントリユーザ向けのWikiホスティングサービスが既に存在します.このWikiにおけるWYSIWYG編集機能に関して,幅広い利用が期待できるのがWikiWyg(http://www.wikiwyg.net/)です.

 個人的には,デモページ(http://demo.wikiwyg.net/)で初めてWikiWygに触れ,ページをダブルクリックするだけでいきなりWYSIWYGの編集画面が現れるのを見たときは,初めてWikiを見たときの驚きを思い出したほどです.しかもWikiWygは,ラジオボタン一つでWYSIWYG表示とWiki記法表示とプレビュー表示を切り替えられるなど,Wikiの「素早さ」,「手軽さ」といった美点も保っています.

 先月号の本連載でふしはらかんさんが,WikiにおけるJavaScriptの活用例を紹介されていますが,WikiWygもJavaScriptで実装され,Ajax技術を利用しており,現在のウェブアプリのトレンドに合致しています.WikiWygはオープンソースとしてKWiki(http://www.kwiki.org/),並びにそれをベースにしたSocialtext Workplaceに統合されており,しかもFirefoxブラウザであれば拡張機能を導入することで,上記以外の一部のWiki上でもWikiWygの編集機能が利用可能です.

 もしかすると,数年後にはWikiの編集はWYSIWYGが当たり前となり,しかもWikiページから「編集リンク」が消えているかもしれません.

Last modified: 2005-10-10 Attached files total: 48MB