第十一回Wikiばな 会費について

Jul 22, 2011 From: shino@f...

登壇者,Wikiばなのみなさま

shinoです。

Wikiばなの料金についてご相談です。
本編費用として、500円か、1000円かで考えているのですが、
どちらが適当かと思いますか?

費用のうちわけとして、大きくふたつがあります。
ひとつは、休憩時間にスイーツタイムをもうけて
ペットボトル(2L数本)+紙コップ+簡単な茶請けを用意しようかと考えています。
(当初は暑いので、ペットボトルのみ用意しようかと考えていましたが、
タイムラインで勉強会はスイーツタイムをもうける議論が流れていまして、
この流れに、乗ろうかな、と。スイーツ部分は持ち込み歓迎にしようと思います)。

もうひとつは配布資料費です。
昨日、プロジェクターについてメールしたのですが、
もしかしたら、日差しの加減ではみえずらい方もいるかもしれないなと予想しています。
それで、登壇者の方でスライドなど発表資料を事前にPDFでshinoへお送りくださる方の分については、
会費に混みにして、印刷配布物にしてしまおうかと思います。
(ただし、カラーではなく、白黒になります)。

なお、本編有料として、懇親会は2000円固定にします。

急でもうしわけないのですが、来場者募集開始が23(土)pm22:00からなので、
本件についてコメントがある方は、23(土)am9:00くらいまでにご返信ください。
よろしくおねがいします!


shino
mailto:shino@f...

Jul 22, 2011 From: shino@f...

みなさま

shinoです。

第十一回Wikiばな会費について、もう一件追加事項です。

今回、若者優遇の措置としてつぎのような例外を設けます。
学生の登壇&スタッフさんは本編、懇親会費無料。
該当者は、3名(登壇者Ninomyくん、スタッフ 三津石さん、きをふしさん)です。

これはすみませんが、確定でおねがいします。


archive-> http://qwik.jp/wikibana11/11.html
ML-> wikibana11@q...

Jul 23, 2011 From: takahashimm@g...

高橋征義です。遅くなりましたがメールします。

2011年7月22日15:26 shino <shino@f...>:

Wikiばなの料金についてご相談です。 本編費用として、500円か、1000円かで考えているのですが、 どちらが適当かと思いますか?

どっちでも参加者から見たらたいして変わらない気がするので
(500円なら参加するけど1000円だと困る、というのがあんまり
なさそう)、Wikiばなで残金管理の手間を厭わないのであれば
1000円でいいんじゃないでしょうか。

費用のうちわけとして、大きくふたつがあります。 ひとつは、休憩時間にスイーツタイムをもうけて ペットボトル(2L数本)+紙コップ+簡単な茶請けを用意しようかと考えています。 (当初は暑いので、ペットボトルのみ用意しようかと考えていましたが、 タイムラインで勉強会はスイーツタイムをもうける議論が流れていまして、 この流れに、乗ろうかな、と。スイーツ部分は持ち込み歓迎にしようと思います)。

ちなみに練度の高い参加者相手の場合、スイーツ持ち込み歓迎にすると
それだけで十分すぎる量が集まる可能性があります(例えば参加者の30%が
持ち込む場合でも、1人が持ってくるお菓子は箱入りで5〜10人分になったり
することになりがちなので、平均すると参加者数に対してお菓子が余る。
危険なのが「参加者がN人だとN個持って行かないと」という思考法で、
そういう人が10人いただけで10N個の大量の菓子の前で途方にくれることになる)。

ご参考になれば。


高橋征義 (takahashimm@g...)

Jul 23, 2011 From: shino@f...

高橋さん

shinoです。メールありがとうございます!

2011年7月23日12:03 masayoshi takahashi <takahashimm@g...>:

2011年7月22日15:26 shino <shino@f...>:

Wikiばなの料金についてご相談です。 本編費用として、500円か、1000円かで考えているのですが、 どちらが適当かと思いますか?

どっちでも参加者から見たらたいして変わらない気がするので (500円なら参加するけど1000円だと困る、というのがあんまり なさそう)、Wikiばなで残金管理の手間を厭わないのであれば 1000円でいいんじゃないでしょうか。

了解です!受付のお釣り処理が楽そうなので、そうします。
あと、今回、本編費の残金の一部は懇親会費、
また、学生登壇者&スタッフさんの交通費の方にもまわすかもしれません。

この流れに、乗ろうかな、と。スイーツ部分は持ち込み歓迎にしようと思います)。

ちなみに練度の高い参加者相手の場合、スイーツ持ち込み歓迎にすると それだけで十分すぎる量が集まる可能性があります(例えば参加者の30%が 持ち込む場合でも、1人が持ってくるお菓子は箱入りで5〜10人分になったり することになりがちなので、平均すると参加者数に対してお菓子が余る。 危険なのが「参加者がN人だとN個持って行かないと」という思考法で、 そういう人が10人いただけで10N個の大量の菓子の前で途方にくれることになる)。

なるほど、確かにそうですね。持ち込み可だけれど、参加者数分ではなく
すくない数で持ち込んでくださいという注意書きを考えて書いておきます

ご参考になれば。

とても参考になりました。さすがです!

本件はこれでクローズとし、
のちほど、こくちーず、公式ページに情報を更新します。

ありがとうございました。


shino
mailto:shino@f...

Last modified: 2011-07-23 Attached files total: 1MB